ユリイカ

こんにちは。woodです。興味を持ったことを書いていきます。

【AVIOT TE-D01a】お手軽価格ながらなかなかの実力

今回はAVIOTのTE-D01aについて書いていきます。

AVIOT アビオット 日本のオーディオメーカー TE-D01a Bluetooth イヤホン 完全 ワイヤレスイヤホン 自動ペアリング 高音質 防水 長時間再生 ノイズキャンセリング iphone android bluetooth 5.0 (ブラック)

AVIOTはワイヤレスイヤホンのみラインナップしているメーカーです。バーチャルYouTuberキズナアイさんとのコラボ商品をラインナップしているブランドというとご存知の方も多いのではないでしょうか。

 

キズナアイ × AVIOT コラボレーションモデル 第二弾 TE-D01d-kzn 完全ワイヤレス Bluetoothイヤホン iphone android 対応 (White)

キズナアイ × AVIOT コラボレーションモデル WE-D01c-kzn Bluetoothイヤホン iphone android 対応

製造拠点は中国のようですが、音作りに日本人が携わっており、日本の音に合わせたチューニングをしているそうです。日本の音と言われても、イメージがつきにくいですが、これはフラットなトーンバランスをベースにした音だということ。

 

代理店も熱心に宣伝しており、様々なブランドが混在するワイヤレスイヤホン界において、勢いのあるブランドの1つとなっています。

 

ではTE-D01aのレビューに移ります。

このイヤホンはAVIOTの完全ワイヤレスラインナップの中では廉価なモデルです(8000円台)。完全ワイヤレスイヤホン自体、最も安いものでも5000円くらいします(Amazonなどにある無名ブランドは除く)ので、その中でも安い商品と言えます。初めて完全ワイヤレスを買うという方にはちょうど良いくらいの価格ではないでしょうか。

f:id:subarubrz:20190513235929j:image

f:id:subarubrz:20190514000034j:image

 

○音について

良い意味で地味な音ですね。ワイヤレスイヤホンだと、beatsやboseなど重低音を重視したものが人気ですが、それらとは全く違う系統の音といえます。どちらが良いというわけではないので、その辺りはしっかりと試聴をして、選ぶことが大切ですね。

解像度はそれなり。言うまでもないですが、解像度を求めるなら、有線イヤホンを買うべきですね。有線と比べると全くですが、同価格帯の完全ワイヤレス同士で比べると、良い方ですので、不満を感じるほどではないですね。

 

○デザインについて

カラーバリエーションはブラック、ネイビー、ダークルージュ(深みのある、落ち着いた赤)の3色。本体は、内側(装着時耳側)が艶あり、外側が艶無しです。どの色も落ち着いた感じでなかなかに良いです。イヤーウイングは2カラー、3サイズ付属、質感がイマイチなように感じました。ケースは横に長い箱型で艶消し。こちらはプラスチッキーです。価格を考えると仕方ないですかね。

 

○ワイヤレス機能について

Bluetooth5.0です。最新のものですので、これに関して不満を感じることはないでしょう。

ペアリングに関しては、一度ペアリングさせた機種とは、電源を入れた際に、自動でペアリングさせることができる機能がつきます。これはなかなか便利な機能です。

接続の安定性については、特に問題はないです。都会の混み合った場所では厳しいですが、そうでない場合は特に不安定になることはありませんでした。これに関しては、接続機器にもよりますので、断定することはできませんが、特に心配する必要はなさそうです。

 

○バッテリーについて

イヤホン単体での最大再生時間は4.5時間、充電ケースでの充電を挟んだ最大再生時間は約16時間とのこと(メーカー公称値)。実使用もだいぶ長く持ちました。充分な再生可能時間です。ただ、ケースで充電する際、しっかりと蓋を閉めないと充電がなされませんので、それが微妙ですね。

 

○その他

・防水機能IPX4(防沫)

突然の雨や夏場の汗を心配する必要がありません。ただ、一般にイメージするような防水とは違い、プールやシャワーなどでの使用はできません。過信はNGです。

・アナウンス

電源ON、OFF時やペアリング時にアナウンスが流れます。どうやら、ボイスは声優さんが担当しているそうです。静かな場所だと、結構はっきりと聞こえるので、賛否が分かれるところではあると思いますが、悪く無い機能だと思います。

 

○まとめ

1万円以下のクラスなら、トップレベルのイヤホンです。完全ワイヤレスイヤホンを手軽に楽しみたい人、初めて完全ワイヤレスイヤホンを持つ人に特におススメです。ただ、コスパが良いということはなく、値段なりに割り切っている点も見受けられますので、そこを理解する必要があるでしょう。

 

 

 

 

 

【俺の甲子園】期待

先日、R以上確定ガチャが4枚溜まっていたので、それを消費しようと思い、ガチャを回したところ、URの選手を2人も獲得することができました。小林優(投手、20190098)と伊藤樹(遊撃手、20190161)の2選手です。

・小林優(20190098)

右投げ右打ちのスリークォーター。チェンジアップが良い。球速、コントロール、スタミナはバランスは良いものの、平均、あるいはそれより少し落ちるくらいのレベル。いかにチェンジアップを磨けるかが重要になりそうです。

 

・伊藤樹(20190161)

右投げ左打ち。ミートが良いですね。守備力は低いのが残念な点です。肩はUR平均より上といったところ。走力も低いです打撃面で頑張ってもらわないと、レギュラーとして使うのは厳しいですね。

 

○まとめ

URの中でみると、平均的くらいの選手ですが、本校選手の中なら、良い選手ですので、しっかりと育成できればと思います。土本(20190102)がだいぶ優秀なだけに、どうしても2人が劣ってみえなくもないですが、私としては、期待しています。頑張ってほしいですね。

 

 

 

【俺の甲子園】令和最初の練習試合

平成最終戦を記事にしたので、令和初戦も記事にしました。

県立保原高等学校(福島)さんとの練習試合です。

○ベンチ入りメンバー

f:id:subarubrz:20190506221041j:image

だいたいベストメンバーに近いメンバーですリリーフ陣に不安があります。

 

○試合結果

f:id:subarubrz:20190506221220j:image

エラー絡みの失点がありましたが、勝つことが出来ました。

 

○投手成績

f:id:subarubrz:20190506221319j:image

先発は土本歩夢(20190102)、5回3失点、野手のエラーと四球か絡み、あまり良いピッチングではありませんでした。普通の投手なら評価しても良いのですが、彼にはエースに成長してほしいので、もう少し頑張ってほしいと思います。

f:id:subarubrz:20190506222432j:image

2番手は井上隼也(20190050)、2回と1/3を投げて無失点の好投。与四球が0だったのは良いですね。

3番手は樋口悠作(20190018)、1回と2/3を投げて、無失点。なかなか良い投球でした。

 

○野手成績

・打撃面

f:id:subarubrz:20190511161331j:image

相手はミスが多かったので、それに付け込んだような印象です。それなりに打ててはいるので、そう悪くはない内容ですね。

・守備面

三塁手の今井(20190075)と遊撃手の佐藤(20180083)がそれぞれ2エラーずつ。どちらも守備機会が多いポジションですので、仕方ないとは思いますが、1エラーくらいに抑えてほしいですね。

 

○まとめ

素晴らしく良い試合かといえば、そうではないですが、とりあえず、新元号最初の練習試合で勝利出来たことが嬉しいです。

 

 

 

【俺の甲子園】最近入部したSR選手

ここ数日で、SR選手が4名入部しました。一応全てのポジションにSR選手がいるとは言え、まだ層が薄い本校にとっては、非常に良い出来事です。

 

○R以上ガチャ

・清水一颯(投手、20190051)

右投げ右打ちのオーバースロー。変化球投手です。井上(20190050)と比べると、少し見劣りする印象です。バランスは悪くないので、それなりに安定した成績を残してくれればなとおもいます。

 

○10連ガチャ組

・茂呂弘将(捕手、20190057)

右投げ右打ち。走力と長打力が良い。守備は悪くはないですが、微妙です。打撃が正捕手の吉井(20190060)より良い能力ですので、あまりにも吉井が打てないのであれば、正捕手もあり得ますが、現段階では2番手捕手になる可能性が高いですね。

 

・斎藤竜平(外野手、20190094)

右投げ両打ち。ミートと長打力が良い選手です。守備はそれなりといったところ。外野のレギュラーの選手が打てなさすぎるのが、課題の1つとしてありますので、その課題を解決してくれるだろうと期待しています。

 

・吉田康生(外野手、20190093)

右投げ右打ち。ミートと走力が良い巧打者タイプ。この選手も前述した斎藤選手と同じく、外野手の打力向上のために頑張って欲しい。

 

 

 

【ONKYO DAC-HA200】Appleユーザーにおススメなポータブルアンプ

ONKYO DAC-HA200 ポータブルヘッドホンアンプ ハイレゾ対応 ブラック DAC-HA200(B) 【国内正規品】

オンキヨーのポータブルアンプのレビュー。2014年7月に発売された製品です。TEACのHA-P50(現在販売終了)と基本部分は共通となっています。

TEAC HA-P50-R ポータブルヘッドホンアンプ DAC搭載 ハイレゾ音源対応 レッド

Teac HA-P50-B Portable Headphone Amplifier, Black by Teac

TEACのP50との違いは

・カラー(写真の通り)

オペアンプ(P50はTexas Instruments社のOPA1652、HA-200は新日本無線のMUSES8920を採用)

の2点。

 

では、いよいよHA-200についてみていきましょう。

 

○デザイン

カラーは黒のみ。ボリューム調節のつまみに赤いラインが入っています。この赤のラインがなかなか良いですね。文字はグレーなので若干見づらいのが残念です。あと、個体差がある項目ですので、とやかく言うつもりないのですが、ヘッドホン出力端子と3.5mmミニジャックが若干ズレています。実使用では全く問題がないことですが、この手の商品の中で安い方とは言え、1万円以上する商品ですので、なんとかして欲しいと思います。少し悪い点を挙げましたが、全体としては無難にまとめている印象を受けました。

サイズは幅64×奥行き 112×高さ 21.7mm(突起含まず)、iPhone5より少し大きく、iPhone7より少し小さいくらいですね。持ち運びには良いサイズです。

 

○音について

購入を検討している場合、一番気になるのが、実際に効果を感じられるのかだと思います。Amazonのレビューをみても体感できた人とできない人がいるようです。実際どうなのか、私の所感をいうと、効果はあると感じました。ただ、これに15000円を出して、薄型化が進むスマホをわざわざ分厚くして持ち運ぶとなると、適当なプレイヤー(shaling m0など)を別途持ち歩いた方が良いかなと。オーディオが好きな人なら気にならないと思いますが、特にそうでないなら、ポータブルユースはおススメしがたいですね。持ち運ばずに使うなら、充分に満足できるはずです。

【国内正規品】SHANLING ハイレゾ音源対応ポータブルミュージックプレーヤー M0 専用ケース同梱版 ブラック

また、これは音質の分類には入りませんが、ノイズに弱い印象です。オンラインで音楽を聴く場合、何度か短いノイズが入ってきてしまいます。断続的なものではなく、3分程度の曲だと数回、発生する程度ですので、使用が困難になるような重大な問題ではないですが、残念な点です。

 

○対応製品について

対応製品は

iPhone 5S、iPhone 5C、iPhone 5
iPad Retina(第4世代)、iPad AiriPad miniiPad mini RetinaiPod touch(第5世代)

Android4.1以降のAOA2.0

発売が2014年なので、最近の製品が入っていませんが、iPhoneならiPhoneXで使用しているというレビュがありましたので、大丈夫でしょう。ただ、ソニーWALKMANには対応しておらず、使用できませんので注意してください。

 

○まとめ

結論としては、充分おススメの商品です。値段がだいぶ下がっていますので、入門機やサブ機にするのも良いですね。ただ、イマイチな点がありますので、そこは理解する必要がありそうです。

 

 

 

【俺の甲子園】平成最終戦

平成最後の練習試合について。平成最後の〇〇とかはあまり好まないのだけれども、なんとなく書いてみたといったところです。ブログを書く関係で、4月29日の試合です。4月30日はお休みして、令和初試合に全力を尽くせるよう調整します。

 

千葉県の那良志野高校さんとの試合。

ベンチ入りメンバーは以下の通り

f:id:subarubrz:20190430201245j:image

野手に関しては、ほぼベストに近いメンバー。投手陣は先発こそ1年生エースの土本ですが、リリーフ陣に微妙ですね。

 

○試合結果

f:id:subarubrz:20190430201909j:image

サヨナラ負けでした。悔しいですね。とりあえず各項目ごとに詳しくみていきましょう

 

○投手陣

先発の土本(20190102)は5回2失点(自責点1)とまずまずのピッチング

2番手は木村(20180018)、1回無失点。8球しか投げていないですし、特に危うい感じはなかったので、回跨ぎしてほしかった。

3番手は神谷(20190020)、2回と1/3回を投げて1失点、結果としては敗戦投手になってしまったが、よく頑張ったと思う。

f:id:subarubrz:20190430203119j:image

 

○野手陣

・打撃面

打線の繋がりがなかったですね。2点とったのも、相手投手の5者連続四球によるもの。ヒットを起点に得点を取っている相手と比べると、イマイチな印象。

・守備面

1エラーとまずまずの結果。その1エラーが得点に繋がってしまったのが残念。また、相手に盗塁を3つ決められているのも、差が出たところかと思う。

f:id:subarubrz:20190430203048j:image

 

○まとめ

残念ながら、サヨナラ負けを喫することになりましたが、内容としては、だいぶ良くはなってきてはいると思います。今後は競り負けることのないよう、色々と工夫をしていこうと思います。

 

 

 

 

 

【俺の甲子園】本校投手陣をみてみる。

我がチームの投手陣について。なお、投手ということで、打撃成績は省略、平成30年4月29日までの投手成績を載せてあります。

○渡辺颯(20180019)

右投右打のオーバースロー、コントロールが良い。春大会は良くなかったが、練習試合はまずまず。

・練習試合の成績

f:id:subarubrz:20190429232403j:image

・公式戦の成績

f:id:subarubrz:20190429232425j:image

 

 

○鮫島奏太(20180017)

右投右打のオーバースロー、カーブが良い。

・練習試合の成績

f:id:subarubrz:20190429233204j:image

・公式戦の成績

f:id:subarubrz:20190429233232j:image

 

○木村壮一郎(20180018)

右投左打のオーバースロー。特に優れた能力はないが、バランスが良い。公式戦では他の2人が打ち込まれる中、好投をみせた。

・練習試合の成績

f:id:subarubrz:20190429233446j:image

・公式戦の成績

f:id:subarubrz:20190429233507j:image

 

○井上隼也(20190050)

右投右打のスリークォーター。コントロールが良い。

・練習試合の成績

f:id:subarubrz:20190430135120j:image

 

○土本歩夢(20190102)

左投左打のスリークォーター。どの能力もバランスが良い。

・練習試合の成績

f:id:subarubrz:20190430135721j:image

 

○神谷優斗(20190020)

左投左打のアンダースロー。一塁も守れるが、打撃面が悪いので、実際に一塁で起用することはなさそう。現時点での能力は低いが、育成すれば、充分戦力になりうる選手。

・練習試合の成績

f:id:subarubrz:20190430195106j:image

 

○樋口悠作(20190018)

右投左打のオーバースロー。特に秀でた能力はない。

・練習試合の成績

f:id:subarubrz:20190430195615j:image

 

○増山翔海(20190019)

右投右打のオーバースロー。ナックルを持っている。

・練習試合の成績

f:id:subarubrz:20190430200007j:image

 

○田口健太(20190017)

右投左打のスリークォーター。入部したばかりでまだ登板なし。